ごあいさつ

「お客様の身近なサポーター」になることを目指し、京都市の南に位置する向日市に当事務所を設立いたしました。

近年、知的財産は、事業展開において無視できないものになっています。権利取得一辺倒ではなく、お客様に適した知的財産の態様をお客様と一緒に考え、具体的な提案をさせていただきます。

実務家、専門家集団としてご信頼を得ながら共に歩んでまいりたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

当事務所の名称について

「明」は「明るく照らす」という字義を有しています。また、「佑」は「人が人を助ける」という字義を有しています。

これらを組み合わせることにより、お客様の将来を明るく照らせる様、知的財産権の側面からサポートするという意味を込めています。

当事務所のロゴマークについて

当事務所の頭文字「M」をモチーフとし、お客様と協力してお客様と共に歩む事務所であることを表現しています。

弁理士紹介

弁理士 笠松信夫 笠松 信夫(Nobuo Kasamatsu)

略歴

平成3年大阪府立大学 工学部 電子工学科卒業
平成5年大阪府立大学大学院 工学研究科 電子工学専攻 博士前期課程修了
平成5年~平成13年電子部品メーカ勤務
マイクロ波通信用化合物半導体デバイスの設計・評価業務等に従事
平成14年~福井特許事務所勤務
機械分野・電気分野を中心とした国内及び外国特許出願実務、
意匠登録出願実務および商標登録出願実務に従事
平成22年弁理士登録(登録番号:16780)
平成24年特定侵害訴訟代理業務付記登録
平成24年明佑特許事務所開設

専門分野

半導体、通信(特に、マイクロ波・ミリ波通信)、電気、機械

制御、ソフトウェア、ビジネスモデル、日用品など

所属

日本弁理士会

向日市商工会

その他

日本弁理士会 近畿支部 常設無料特許相談室相談員

日本弁理士会研修所 運営委員

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど) あきない経営サポーター

知財総合支援窓口(京都府) 派遣専門家

財団法人京都産業21 登録専門家

京都府知的財産総合サポートセンター 相談員

平成27年度 知財総合支援窓口(京都府) 窓口知財専門家(弁理士)